冬季インターンシップの参加受付を開始しました!

埼玉県でインターンシップ4日目 インターン生Y・K執筆

埼玉県でインターンシップ4日目

皆様、お久しぶりです!!

インターン生のY・Kがまたまたブログを書かせてもらいます(^O^)

先にお話があります…

私は今回でブログを書くのが最後なんです。

だから最後のブログを真剣に書きますので是非読んでください!!!

インターンシップ1日目
インターンシップ2日目
▶インターンシップ3日目
インターンシップ5日目

埼玉県内の現場訪問3カ所目

今回訪れたのは埼玉県と東京の境目ぐらいのところで橋脚を作る現場でした。

いわゆる橋づくりのことですね〜〜

川以外の現場を見るのは初めてでワクワクでした。

今回の現場は中里組さんの他に3社が合同で行う大きな工事です

この工事はオリンピックの時に役立つために国から仕事の依頼を受けて行っています。

今はオリンピックに向けて土木の仕事は増えてるみたいですよ〜〜〜

では、今回の現場監督さんの話を聞きましょうか!

今回は3児のパパでもあるTさんです

今の現場監督という仕事についてどう思いますか?

土木は、生活の基盤なのでやりがいのある仕事ですね。

今回は他社との合同工事ですけどいつもと違う大変さはありますか?

やはり、工程の調整が一番大変ですね。他社も工程を考えてきて、それに合わせながらやるので。

土木の魅力ってなんですか?

やっぱり土木がなければ世界は成り立たないってことかな。
周りを見渡せばどこにでも土木は存在するからね。

Tさんは 中途採用とお聞きしたんですが、なぜ中里組を選んだのですか?

私は前まで水道の工事だけを行っていたのですが、水道だけじゃ物足りなく、結婚を機に地元である埼玉県で仕事をしたいと思ったので地域に根ざしてやっている中里組に入社しました。

中里組の魅力ってなんですか?

A.社長が社員を思っているとこですかね。

それが待遇などにもつながっていきますし、とても働きやすいです。

今日の感想

冒頭にも述べましたが、今回で現場見学が最後でした。

なので、思ったことを全て書かせてもらいます。

とにかくこの仕事にはやりがいという言葉がぴったりでした。

生活の基盤を支えてるなんて言わば、街のヒーロですよ!!

子供が憧れてもいいくらいなんですから。

やはり、言葉で聞くより、実体験で見て学ぶ大切さをこのインターンで知りました。

自分の知っていることなんて世界のほんの僅かにすぎない。

こんなにも可能性が世界に広がっているのだから大学生がこの可能性を自分の想像や考えだけで狭めてはもったいない。

ぜひ、何事にもチャレンジして、何度も失敗して、何度も諦めかけて、何度も立ち上がってください。

人生なんて自分磨きの旅なんですから。その経路は誰が決めるんですか?自分なんです!!!!!

ぜひ土木に興味ある方、土木を知りたい方、土木にチャレンジしたい方など、中里組は誰でもお待ちしております!!