11月1日からインターンシップの参加受付を開始しました。

先輩社員から学生へのメッセージ

これが私の仕事

施工管理の仕事は、普段見ることのできない道路や橋や上下水道施設の仕組みや設備を見ることができ、色々な体験ができるのが面白いところだと思います。

担当現場では、自分の考えた工程や段取り通りに進んでいくので1日1日うまくいく毎に達成感がある一方、自分の考えが間違っていた時や天候等でうまくいかない場合は悩んだりもします。

工事の最初から最後まで見れるので、工事完了した時の達成感はとてつもないですね。

中里組を選んだ理由

希望は施工管理職で、地元である埼玉県内の中小企業。

施工管理職として若いうちから担当現場を持たせてもらえる会社を探していました。

中里組に最初に注目した理由は、実家から近くて@ランクだったから。

入社の決め手は、インターンシップの際に、残業と休日数についての情報を包み隠さず教えてもらえたのが大きいです。

就職活動をスタートした頃から、建設業業界の残業や休日数についてはどの会社でも同じだろうと思っていました。

実際、大手ゼネコンや他の地場ゼネコンを見て回っても、建前として立派な事を言っていても内情は大差無かったというのが実感です。

残業や休日の情報を具体的に教えてくれる企業は1社も無いなかで、中里組は休日数や残業等の内部情報をとても具体的に教えてくれて納得できたので、入社を決意しました。

就活生へメッセージ

会社を選ぶときは、自分の働きたい環境、ライフサイクル等を考えて、それに合う会社を妥協せずに探すといいと思います。

インターンシップや説明会では、聞きたいことは聞いて、うやむやの状態で就職して後悔をしないようにしましょう。社会人になると学生の時よりは自由時間がとれないので、学生のうちに沢山遊んでください。

あなたと会えることを楽しみにしています。