2019年インターンシップ(第1期)2日目

2019年インターンシップ(第1期)2日目

前回の記事ではエントリーまでの流れを御説明しました。

インターンシップ2日目からは現場での実習となります。

午前中は電線共同溝工事の現場へ

参加する皆さんの住んでいる場所にもよりますが
基本的には、最寄り駅や本社に集合してから担当者と一緒に現場へ向かいます。

今回参加しているMさんの場合も
一度、本社に出社してもらい担当者と一緒に現場へ。

午前中は本社から25分程のところにある電線共同溝工事の現場で
実習を行う事になりました。

昨日訪れた河川工事の現場とは違い
歩行者や自転車、自動車が多く通行する道路現場という事で
現場による雰囲気の違いを感じられたのではないでしょうか。

限られた時間の中でしたが、補助作業に参加しながら
担当所長に積極的に質問をしていました。

午後は新設道路工事の現場

午後からは、新設道路工事の現場に移動

コンクリート製品の据付が行われている最中という事で
学校では見る事の無いような大型クレーンによる作業を見学しました。

担当所長から、なぜ大型クレーンを使用しているのか
使われている二次製品はどんなものなのかなど、詳しく解説してもらいました。

3日目に続きます。

インターンシップの検討~当日までの流れ

インターンシップの検討~当日までの流れ

こんにちは!
建設会社中里組 インターンシップ受入れ担当です‼

2019年、早くも今年1期目のインターンシップがスタートしました。
今回はインターンシップに参加を検討している人向けに
受入れ準備~当日の流れについて御紹介します。

まずは応募or事前説明会に参加

今回のインターンシップに参加するMさんは
2018年末に学校経由でインターンシップの応募を頂きましたが
応募は学校経由でも自分でエントリーフォームから応募する場合のどちらでもOK

マイナビにもインターンシップの情報を掲載していますが
中里組ホームページでは、ここだけでしか公開していない
これまでに開催したインターンシップの様子も掲載されていますので、参考にしてください。

『直接話を聞いてから参加するか検討したい』という人には
事前説明会を個別に開催していますので
エントリーフォームの備考欄にその旨を記載してください。

どんな事を体験したいのか、希望内容を担当者に伝えよう!

皆さんからのエントリーを担当者が確認後
学生の皆さん一人一人の希望に沿った形でのインターンシップを実現するため
電話または来社してもらい、要望を聞きながらプログラムを作成していきます。
※遠方の場合や特に要望が無い場合は当社の基本プログラムで実施します

今回参加しているMさんも12月に1度来社して頂き
体験したい内容や知りたい事についてのヒアリングを実施しました。

リマインドメールで当日の予定を確認しよう

開催数日前になると、当社から皆さん宛にリマインドメールをお送りします。
持ち物や集合時間を確認して参加してください。

作業服や防寒着は貸し出しますが
冬季は寒いので暖かいインナーを着て参加してくださいね♪

初日はガイダンス中心

初日はプログラムの流れや現場での注意事項などのガイダンスが中心となります。

今回は明日以降に体験する現場を訪問して
担当所長から工事概要や明日以降の研修内容についての説明を受けました。

 

2日目から本格的に現場体験

実習2日目からは本格的に現場での体験がスタートします。
実際に現場を担当している所長に話を聞きながら補助作業を行う事で
仕事のイメージが段々と掴めてくるはずです。

2019年インターンシップのエントリーはコチラから

建設会社中里組の2019年インターンシップへの御申込は
下部にあるエントリーフォームまたは学校経由にて御申込下さい。

皆さんからの御応募、お待ちしています♪

2019年もインターンシップ生を募集します!

2019年もインターンシップ生を募集します!

こんにちは。
埼玉県の建設会社 株式会社中里組 インターンシップ受入担当です。

私たち中里組では、学生の皆さんに地場ゼネコンの仕事について
理解を深めてもらうため、インターンシップの受入をおこなっています。

2019年インターンシップの特徴は?

2019年もモチロン、インターンシップを実施します。

中里組インターンシップの特徴は『オーダーメード型』のインターンシップ!

申し込み後、弊社担当者が学生一人一人にヒアリングを実施し
どんな体験、学びを得たいのかをしっかり確認したうえで
インターンシッププログラムを組みます。

そのため
「参加したけど、イメージと違った」
「知りたい事が分からないまま終わってしまった」という事は圧倒的に少ないハズ。

もちろん、各現場の工程によっては希望に沿えない事もありますが
可能な限り、皆さんの要望に応える形でインターンシップを進めていきます。

これまでにあったリクエストでは『学校でやらない事を体験したい』という事で
積算ソフトを使用して、積算を体験してみたり

『舗装工事を見てみたい』という事で、舗装工事があるタイミングに合わせて
インターンシップを実施したり、皆さん一人一人に合わせて柔軟に対応しています。

みんな何日くらい参加しているの?

中里組では1日から最長で2カ月までのインターンシップを受入れてきましたが
学生の皆さんが希望する日数で最も多いのは1週間です。※単位等の関係もあります

特にリクエストが無い場合、1週間のプログラムであれば
中里組では様々な工事を行っているので、河川工事、道路工事、橋梁工事などから
1~3現場ほどを体験してもらっています。

1週間あれば会社の雰囲気やどんな人が働いているのかなども分かるので
悩んだら1週間でのお申込みをオススメします!

時間が無い!沢山の会社を見たい!という人は1day × 2回という裏技も

『1週間あれば、じっくり会社の事が分かると思うけど、自分には時間が無い!』
という人は1dayに2回参加してみる事もオススメです。

中里組のインターンシップは全員に個別対応しているので
1日は事務部門で「会社概要や業界概要について情報を収集する時間」
もう1日は工事部で「働く人に直接話を聞く時間」と分けて考えれば
効率的に情報収集が出来るハズ。

2019年冬季インターンシップ募集要項

冬季インターンシップに関しては受入れ日数が1day~1週間となります。
1週間を超える長期インターンシップの受付を停止しますので御了承ください。

なお、1週間を希望する学生のみ昼食代が実費支給されます。

学年・学科 1年生から参加を受付けています。専攻も問いません
実施日 相談のうえ決定
日数 1日~1週間
時間 原則9:00~16:00(休憩12:00~13:00)
貸与品 作業服、安全靴、パソコン、ヘルメット、安全帯等
場所 中里組本社及び近隣施工現場

インターンシップ応募方法

インターンシップへの御申込は、エントリーフォームに必要事項を記入のうえ御応募下さい。
後日、担当者から御連絡致します。

インターンシップで希望がある場合は
エントリーフォームの備考欄に記載して頂ければ助かります。

これまでのインターンシップの様子は「インターンシップまとめ」に掲載されていますので
是非参考にして下さい。

早めに予定を立てて、効率的に企業研究をして下さいね♪