ユニフォームチェック!入社前の準備で内定者が来社

 

こんにちは!中里組広報担当です。

 

本日は、4月に入社予定の内定者がユニフォームの確認や提出書類の準備のために来社しました。

 

社長と面談

 

前回の来社が10月の内定者懇親会の時だったので、約3カ月ぶりにKさんと再会。

 

元気そうで何よりです。

 

来社後、社長と少し面談をして近況の報告をしてもらいました。

 

入社前の準備その①:提出書類の説明

 

入社前に学生の皆さんには準備してもらうモノが意外と沢山あります。

 

各社で提出時期は異なっていますが、大まかに以下のものを準備しておく必要がるでしょう。

 

入社に必要なもの

  • 年金手帳
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • 扶養控除等申告書
  • 健康保険被扶養者異動届
  • 給与振込先の届書

 

その他にも、雇用契約書や卒業証明書が必要になると思います。

 

学生の時は聞き慣れない名称の書類もあるので、書類の内容をKさんに説明をして後日提出してもらう事になりました。

 

入社前の準備その②:ユニフォームの確認

Kさんは技術職で採用予定のため、入社後はユニフォームが支給されます。

 

サイズが大きかったり・小さかったりするとストレスになるので、しっかりとフィッティングを確認しましょう。

 

冬服はインナーを着込む事を想定してサイズを選ぶことをお忘れなく。

 

参考
技術職の女性には髪を結ったまま被れるタイプを標準で支給しています。

 

4月にまた会いましょう!

 

内定者が来社するのも今回が最後、次に会うのは4月の入社式です。

 

社員一同、Kさんを迎える日を楽しみにしています。

 

インターンシップも募集中

 

中里組では、1dayインターンシップのエントリーを受付中。

 

詳しくは以下のリンクを御参照下さい。

 

2020インターンシップ概要

 

 

2020年冬季・春季インターンシップの受付スタートしてます!

2020年冬季・春季インターンシップの受付スタートしてます!

 

気付いたら、あっという間に年末ですね。

 

さて、中里組では例年実施しているインターンシップの受付がスタートしています。

 

2020年の施工管理インターンシップの内容

 

2020の施工管理インターンシップはプログラムの大きな変更はなく、通常の合同インターンシップも開催しますが、個別インターンシップ中心です。

 

個別インターンシップとは?

 

個別インターンシップは、当社が独自に開催しているもので、皆さんの希望日程で現在稼働してる現場の中から自分が興味のある現場を選んで体験できるプログラムです。

 

アルバイトや学校の授業があって、参加し難いという人も居ますよね。

 

そんな人にこそ、中里組の個別インターンシップはオススメです。

 

希望日時で開催できるので(※日曜除く)日程を気にする必要はありませんし、個別対応なので気になる事も遠慮なく質問することが出来ます。

 

個別インターンシップ参加のメリット

 

個別インターンシップに参加した学生で一番多い意見が「参加して良かった」という感想です。

 

個別インターンシップの特徴は、全体を通じて自分の知りたい事・やりたい事が体験できるところ。

 

私達としても「こういう事が知りたいのかな」「これは伝えたほうがいいかな」という話題について触れることができるので、仕事と会社への理解が深まるはずです。

 

2020年冬季・春季インターンシップ実施概要

 

参加受付 2019年1月23日~2020年2月28日
参加日数 1日~5日間(選択してください)
場所 埼玉県川越市神明町13-8 中里組本社及び施工現場
時間 9時~16時(短縮可能)
昼食 会社にて補助
交通費 原則、全額支給
申込方法 マイナビホームページから
備考 本社~現場の移動は担当者と一緒に向かいます

 

 

インターンシップまとめ』にはこれまでに開催したインターンシップの様子が掲載されています。

 

内容や雰囲気も伝わると思いますので御参考にして下さい。

 

それでは、みなさんからの御応募お待ちしています!

 

 

2級土木施工管理技士 テスト前日までに確認すべき4つのこと

2級土木施工管理技士 テスト前日までに確認すべき4つのこと

 

今月27日(日)は2級土木施工管理技士試験。

 

弊社からも数名が受験予定となっていますが、テストを目前に控えて確認しておくべき4つの事をお伝えします。

 

試験会場、道順+α

 

まず最初に最寄り駅から試験会場までの道のりを確認する事をオススメします。

 

電車の時間だけでなく、休憩できる場所(コンビニ等)を調べる事はしておいた方が良いです。

 

試験会場は全国10地区。

 

埼玉在住であれば、おそらく「東京」会場を選択しているハズです。

 

東京だから問題ないだろうと思ったら大間違い。

 

私も過去「東京」会場を選択しましたが、思わず「そこ⁉」と言ってしまう程、東京の端の会場でした…(´・ω・`)

 

不慣れなエリアでは飲食店も探しにくいので、事前に経路やコンビニの場所も確認しておくことをオススメします。

 

気持ちと時間にゆとりを持って試験に臨みましょう。

 

勉強するなら「学科」がオススメ

 

土木施工管理技士試験は「学科試験」と「実地試験」の2部構成。

 

学科試験に合格しない事には、実地試験には進めません。

 

そのため、テスト直前に「学科」と「実地」どちらを勉強しようか悩んでいるなら「学科試験」の過去問を解く事をオススメします

 

学科試験は択一式。

 

重要問題は過去、何度も出題されていますので、テスト直前に覚えても本番で出題される可能性があります。

 

正答できる問題からしっかりと回答しましょう。

 

温度調整出来る服装を選んでおく

 

後期試験(学科・実地)は10月開催という事もあり、温度調整が出来る服装で試験に臨む事をオススメします。

 

空調は適度な温度に調整されていますが、男性が半袖でも女性はカーディガンを羽織っているという事もあります。

 

座席によっては風が直接当たる事もあるかもしれません。

 

前日までに体温調整が出来る服装を準備して、当日はテストに集中できる環境をつくりましょう。

 

とにかく、ちゃんと寝る。

 

試験前日はテンションが上がって、なかなか寝付きにくいもの。

 

『テストが近づいて寝れないな』という人は、出来るだけ睡眠時間を確保する方法を考えましょう。

 

眠れなくても、早めに布団に入って目をつぶっているだけでも疲労感は違います。

 

マークシートの記載ミスや問題文の読み間違いを防ぐためにも、十分な睡眠をとってテストに臨んで下さい。

 

最後に

2級土木施工管理技士試験は、基礎的な内容:最低限知っておかなければならない内容が重点的に出題されているようです。

 

是非、今回の受験の機会を活かして知識を身に付け、今後の現場運営に活かして下さい。

 

それでは、今年受験される皆さんのご健闘を祈念しています!