タケノコをどうするか

タケノコをどうするか

 

こんにちは!
中里組 広報担当です。

 

最近は広報ネタが非常に少ないので更新頻度が落ち気味でした。

 

今回は弊社で施工中の民間工事で珍しいアタッチメントを使用したので、御紹介したいと思います。

 

竹が生えて困っている

 

今回の御依頼内容は主に3つ。

 

①御自宅の裏にある竹やぶをどうにかしたい(敷地内を有効活用したい)
②駅近くの所有地を駐車場にしたい 
③敷地内のアスファルト舗装 というものでした。

 

 

実際に現地で状況を確認したところ、確かに竹林がどんどん広がってきていましたし、広い敷地が十分に使えていない状態。

 

 

空き地も駅チカなので、現状のまま放置しておくのはもったいない…(´・ω・`)

 

そこで、弊社で現状を鑑みて御提案をさせて頂き、施工する事になりました。

 

まずは大木の除去

 

御自宅裏の施工で課題になったのは、樹齢200年を超えるケヤキの切り株の除去。

非常に大きな切り株が3つもありました。

 

これをどうにかしない事には、作業が進みません。

 

 

そこで今回の工事では、当社の工事では初採用となるアタッチメントを使って大木の除去を行うことになりました。

 

中心に芯があり、その部分を木に刺して筒が回転して削っていくというもの(都内では採用例が多くあるそうです)

 

 

根の周りを少し掘ってから特殊アタッチメントを装着して除去開始。

 

木の横に構造物があるので、慎重にガリガリと時間をかけて削っていきます・・・

 

 

初めて使用しましたが、騒音・振動が小さく構造物周辺でも安心して施工できたので予定よりも1日早く伐根作業が終了となりました。

 

後日、根の分解と擁壁の設置、敷地内の舗装作業を実施します。▶H様邸工事完了

2019年 新入社員研修スタート!

2019年 新入社員研修スタート!

 

先日入社した2人は入社式の翌日から商工会議所主催の研修に参加していたため社内のフレッシュな空気は暫くお預け・・・(´・ω・`)

 

今回は、新入社員の今後のスケジュールについて御紹介します。

 

最初はちょっと堅苦しい内容ですが「大切」です

 

入社して最初の一週間は、主に会社の基礎的な部分の研修が行われます。

 

今日は総務部から、就業規則の説明や各種届け出書の記入方法など大切な部分について時間を割いて説明を行いました。

 

チョット堅苦しい内容だったと思いますが、大事な部分なのでしっかり理解してくださいね。

 

 

また、毎年みんな苦労する電話応対練習も実施予定。

 

慣れてしまえば何てこと無いですが、最初の頃はお客様名もチンプンカンプンだったり、メモの取り方も分からなかったりします…

 

徐々に慣れていきましょう♪

 

 

そして、来週からは工事部社員が講師になり、座学の研修が始まります。※写真は昨年の研修

 

先輩社員が各テーマに沿って、これまで現場で体験したことを新人の皆さんにお伝えしています。

 

今年は講師陣も入れ替わり、内容もパワーアップ(されているハズ)

 

先輩社員も熱を込めて自分の経験を伝えているので、新人の人達にはかなり好評です。

 

頑張っていきましょう♪

県道川越北環状線が開通しました!

県道川越北環状線が開通しました!

 

昨日、弊社も施工に携わった県道川越北環状線が開通しました。

 

私の家族も「北環状線ってドコ?」という感じで、いまいちピンとキテいなかったので、今回は川越北環状線について御紹介します。

 

県道川越北環状線ってドコ?

 

「川越北環状線」は国道254号線の福田交差点(城西川越高校の近く)と国道16号線脇田新町交差点(川越西郵便局の近く)を結ぶ全長5.5kmの道路です。

 

既に2009年の時点で3.0km地点までは完成していましたが、3月24日、開通していなかった今成2丁目(星野高校の近く)から先の1.4km区間が開通となりました。

 

この道路の開通により、川越の市街地を通らずに川越インターチェンジや国道にアクセスする事が出来る様になるので月吉陸橋の渋滞も緩和されるのではないでしょうか。

 

中里組の施工箇所

 

当社では、今回開通した区間の一部橋脚の施工に携わりました。

 

自分たちの生活の中に、仕事の成果が見えるのは良いですね♪

  • 記事のタグ一覧 ▸