11月29日はコンクリート技士・主任技士の試験日

 

2020年11月29日(日)はコンクリート技士、主任技士の試験日です。

これから試験を受けようという人に向けて、テストの現状を調べてみました。

 

コンクリート技士の現状

2019年のコンクリート技士の受験者は8,758人、合格者は2,583人:合格率29.5%でした。

例年、受験者数は9,000名~8,000が受験し、約3割の人が合格しています。

3割というと、多くの施工管理技士資格と同程度の合格率なので、それなりに勉強して臨まないと合格は難しそうです。

 

コンクリート主任技士

2019年のコンクリート主任技士の受験者数は3,159人、合格者は406人でした(合格率12.9%)。

コンクリート技士の合格率が30%代なのに対して、コンクリート主任技士の合格率は約13%で推移しているのが特徴的です。

合格率が10%代という試験は珍しく、コンクリート主任技士の合格には相当の準備が必要と言えそうです。

 

2020年の試験は従来と変更あり

 

2020年11月の試験では、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、実施内容が従来と異なることがアナウンスされている点に注意が必要です。

  • 試験時間の短縮
  • コンクリート技士は全て四肢択一式に

コンクリート技士試験では、従来16問前後出題されていたマルバツ形式の問題が無くなり、全て四肢択一式となる予定です。

問題構成としては大きな変化なので、合格ラインや出題問題に変化がある事が予想されます。

※詳しくは公益社団法人 日本コンクリート工学会ホームページで御確認下さい

 

役立つ知識が身につくハズ

 

仕事をしながらの勉強は、時間の捻出が難しいですが、受験者全員が同じ条件です。

ラストスパート、頑張りましょう♪

 

申し込みはお早めに

 

こんにちは、中里組インターンシップ受入れ担当です。

 

今週から第5期目のインターンシップがスタートしていますが、今年は新型コロナの影響からか、学生の皆さんの動きが例年と違う雰囲気・・・

 

夏以降、例年になく参加の申し込み・問い合わせが多い状況です。

 

 

既に12月の予約も入っており、日程によっては学生の希望日で開催出来ない事も。

 

そんな状況を踏まえて、中里組では以下の対応を検討しています。

WEBでのガイダンスを検討中

 

「希望日で参加できない」という学生も出ている状況を踏まえて、初日に開催しているガイダンスだけはWEB(ZOOM)を利用して参加できるように只今、検討中。

 

ガイダンスのみ一斉に開催して、現場は個別で対応できるように考えています。

 

夏よりも秋・冬のインターンがおすすめ!

 

これから寒くなる時期ですが、建設現場が本格的に稼働するシーズンでもあります。

 

特に河川工事等の施工時期が限定される工事を見ることが出来るのは秋・冬だけ!

 

 

「土木らしい工事」なので、オススメですよ。

 

複数日参加する場合は、別々の現場で研修をするようにしているので、違った内容を体験できます。

 

インターンシップだから体験できる事は多い

 

建設会社、特に施工管理を主体としている会社の業務内容はイメージし難いと思います。

 

実際に施工管理業務を担当している人、経営者に会うことで仕事のイメージが掴めるはず。

 

 

対応の関係上、受け入れ人数に限りがありますので、インターンシップの参加を御検討中の方はお早めに御応募下さい。

お申し込みはマイナビホームページから受け付けています。

 

インターンシップにエントリー

 

  • 記事のタグ一覧 ▸

今回は快晴

 

こんにちは、中里組インターンシップ受入れ担当です。

 

先週、台風で延期になったインターンシップが振替え日程でスタートしました。
(今回は3日間のインターンなので、残り2日)

 

天気も大丈夫そうなので、ヨカッタです。

 

下水道の耐震化工事

 

今日、訪れたのは下水道管の耐震化を行う現場。

 

作業工程としては丁度、管の入れ替え作業を実施している段階だったので、非常に分かりやすかったと思います。

 

施工管理職の先輩が、どんな風に仕事をしているのか、実際に見ることで仕事のイメージが掴めたはず。

 

 

ちょっとだけ、社内講習会にも参加してもらいました。

 

明日で最終日ですが、頑張りましょう♪

 

インターンシップにエントリー