自転車レーンをつくっています

自転車レーンをつくっています

中里組では現在、自転車レーンをつくる工事をおこなっている真っ最中。

新入社員のIさんも今回の現場に補助として配属されましたので、現在施工中の自転車レーンについて御紹介します。

 

自転車レーン

調べてみたところ、交通事故が多い地域やサイクリングが盛んな地域に多い自転車レーン。

埼玉県の場合は、交通事故による死亡者数が全国トップクラス…

また、さいたま市では国際的なイベントも開催されていることなどから、県内の各駅から1キロ圏内を目安に青いラインで自転車レーンが順次設置されているようです。

 

自転車レーンをつくる現場の施工管理で大変なコトは?

※写真はISOの審査対応中のMさん

自転車レーン工事の施工管理で大変なコトは何でしょうか?今回の現場を担当しているMさんに聞いてみました。

今回の現場では、どういう点に注意しながら施工していますか?

―駅に近く、住宅や店舗が多い通りなので
騒音や振動を極力少なくするように工夫して施工しています。

また、交通量が多いので
工事時間も大幅に短縮して渋滞の緩和に努めています。

具体的にはどういう工夫をおこなっているんですか?

―重機は大別すると「通常型」と「低騒音型」の2種類に分けられるんですが
当初の設計では「通常型」での施工となっていました。
しかし、市街地での施工ということもあり

発注者と協議した結果「低騒音型」で工事をおこなう事に変更してもらいました。

また、工程全体を見直して
土日を完全に休工にするだけでなく
1日の施工量は減りますが、工事の開始時刻と終了時刻を早めて
交通への支障を少なくするように工夫をして施工しています。

工事完成まで、もうしばらく時間がかかります。

近隣の方には御迷惑をお掛けする事があるかもしれません。

安全に・しっかりとした施工で作業を続けてまいります。

御協力の程、宜しくお願いします。