2022夏季インターンシップの予約を開始します

今月も誰かが社長室へ…ハッピーバースデー制度

誕生月には社長と面談

happy

『社長と面談』・・・

文字にすると、若干気持ち的に身構えてしまいますが、実際は中里組独自の取組『ハッピーバースデー制度』の一貫です。

中里組では全社員が1年に一回は必ず、社長と面談の機会が設けられているんです。

社長室で1対1で面談するので何が話されているのかは本人たちしか知りませんが、私が聞いたところによると『工事受注後だったので、その話かと思ったら9割方は世間話でした』『健康管理の話とかでした』

といったように、ホントに社長がその時に知りたいと思ったことを中心に、面談の話題が決まっているようです。

実際に社長に伺ってみました。

ハッピーバースデー制度について

宜しくお願いします。
今日はハッピーバースデー制度について伺いたいと思います。

どうしてハッピーバースデー制度を始めようと思ったのでしょうか?

 社長-なかなか社員の皆さんに会えなかったからです。

中里組は土木エンジニアの会社なので、大多数の人が技術職として現場のマネジメントをおこなっているので会社には居ない。

私も外出することがあるので、本社でも会えない。
皆さんと会って近況を聞いたりする時間が取れない事が多かったんです。

「それを打開するには」ということで考えたのがハッピーバースデー制度です。

面談の際に一番多い話題、必ず聞く事はありますか?

面談する人の顔を見て決めています。

多い話題は、体調や御家族のこと、仕事のことでしょうか。
本当に色々な話をしていますよ。

社長にとって、ハッピーバースデー制度を開始したことで変化はありましたか?

全員に年に1回は会う時間を確保できる、これが私にとっては非常に大きいと思います。

短い時間ですが、直接コミュニケーションをする機会を設けたことで、会社の改善点や私の知らなかった自社の良い点などが発見できました。

ありがとうございました。

他にもまだある独自社内制度

今回はハッピーバースデー制度に関して社長インタビューを実施しました。

中里組には以前のブログでお伝えしたリフレッシュ休暇制度、エコカー補助制度、工事休暇ルール、ノー残業DAYの他にまだ幾つかの独自制度があります。

新しい制度が出来るのが先か、ブログで紹介し終わるのが先か分かりませんが、順を追って御紹介出来ればと思います。

トップへ