本川越駅周辺のSAITAMAおもてなしロード整備中

 本川越駅周辺のSAITAMAおもてなしロード整備中

施工前

 

埼玉県の建設会社中里組では、本日の埼玉新聞1面にも掲載されていました、本川越駅~蔵造の街並みに続く道路
(SAITAMAおもてなしロード)の整備工事をおこなっています。

 

工事概要

本川越駅を降りて、蔵造の街並みへ行く場合、少し歩かないと昔ながらの街並みが見えてこないので初めて川越を訪れた人は「この道でいいんだろうか」と不安になるかもしれません。

確かに、地図やスマートフォンを片手に位置を確認している観光客の方を見かけますし、歩道が狭いので休日は歩行者の方が車道まではみ出している事もあります。

本川越駅周辺のSAITAMAおもてなしロード整備事業では電線の地中化や道路の拡幅(幅員11m→20mへ)だけでなく、駅から蔵造の街並みの景観を統一することで初めて川越を訪れる人が迷わずに観光できるような計画となっています。

Fotolia_80890035_XS

 

工事中は歩行者、自動車で通行される方だけでなく、近隣商店街や地域住民の方々には大変御協力頂いております。

弊社施工範囲が完成後も、引き続き工事が続けられる予定ですが、道路が完全に完成した後は、従来よりも交通の便が良くなりますし、観光客の方々も安心して川越を巡る事が出来る様になるはずです。

工事完了まで、引き続きご協力の程宜しくお願い致します。