インターンシップ参加受付中!

徐々に準備しています

今回は、当社で小規模ict土工に関連した商品説明とデモが開催されたので、その様子をお届けします。

三次元測量

今期から当社でipadが配布される事や国土交通省工事で小規模ict土工の導入が進められている事を背景に、工事支援部門の人達が対応を検討中。

まだ埼玉県では実施要領や出来高管理要領等はありませんが、備えておこうという事で徐々に社内で取組が始まっています。

当社では使用した事が無いソフトだったので、開発会社の担当者様にお越しいただき、概要説明&基礎知識を座学で勉強してから…

実際に機器を使用して一連の動作についても確認しました。

直観的に操作できるので「おそらく誰が触っても扱えるかな」という印象ですが、実務で使うには少し慣れが必要かも…というのが率直な感想。

県内で先行導入している企業さんからのヒアリングと今日のデモの印象では、機器の扱い方によっても誤差の大小がそれなりに出る様なので、導入する場合はソコも課題になりそうです。

小規模ict土工を念頭に開発されたソフトだという事でしたが、他社さんでは様々な使い方がされているようなので、裏話的な部分もとても参考になりました。

本日はありがとうございました。

トップへ