アジア最大級!秩父にあるD-Tech Centerってナニ?

アジア最大級!秩父にあるD-Tech Centerってナニ?

 

こんにちは!
今回は先日視察に参加した、D-Tech Centerについて御紹介したいと思います。

 

そもそもD-Tech Centerってナニ?

 

『D-Tech Center』

 

…聞き慣れない名称ですが、D-Tech Centerは埼玉県秩父市にある日本キャタピラーが所有する、敷地面積は30万㎡:東京ドームに換算すると6.4個分に相当する、アジア最大規模の建設機械総合研修センターです。

 

 

川越方面から行く場合は、関越自動車道 花園インターから国道140号線を利用(有料区間あり)して約1時間20分程度。

国土交通省が推進するi-constructionの特徴を体感できる施設で稀にお子さん向けの見学会も開催しているようです。

 

今回の視察でも、地域の幼稚園生が見学に参加していました。

 

実機見学&試乗&専門講習

 

今回の視察の構成は以下の通り。

1.デモ機による実演
2.試乗
3.専門講習

 

 

デモ機による実演では、通常の現場では使用しない様な大きなサイズの重機以外にも国内の導入事例が少ない機械や最新のICT建機によるデモンストレーションが行われました。

 

 

試乗では、実際にバックホウやダンプ、ブルドーザに乗車し、インストラクターの方の説明を受けながら従来機との違いを体感。

 

 

デモ終了後の講習会では、国と都道府県、市町村におけるICT施工の導入状況や施工ボリュームの違い今後のICT施工の方向性と施工時の留意点などについて丁寧に解説して頂きました。

 

雨が降る中での試乗となりましたが、施設もキレイで沢山の専門家の方が丁寧に質問に答えて下さるのでICT施工の先進事例を学んだり新しい建機の購入を検討するには非常に良い施設だと感じました。

 

日本キャタピラーD-Tech Centerの皆様
ありがとうございました。