説明会で多い質問TOP3 学生時代に取得すべき資格はコレ!

説明会で多い質問TOP3 

 

本日は会社説明会やインターンシップに参加した学生から受ける質問のうち、トップ3に入る質問をひとつ、御紹介します。

 

資格に関する質問

会社説明会の質問タイムで多く受けるのが「資格」についての質問です。

 

施工管理資格についての質問もありますし、その他に取得しておくと入社後に役に立つ資格などについて
質問を受ける事があります。

 

新卒入社する時は自動車免許以外、要らない?

 

会社説明会でお伝えするのは「入社までに運転免許だけは取得した方がいいと思います」という事。

 

建設会社の場合、特に土木では公共交通機関が無い場所で工事をする事が多いので、自動車の利用:運転免許が必要になる事が想定されます。

 

しかし、その他の専門的な資格を学生時代に取得しておくべきかというと中里組の場合、あまりその必要性はありません。

 

業務上、重要度の高い資格は?

 

業務上、重要になるのは「施工管理技士」資格です。

 

2級は学科試験のみ、学生時代に受験できるようになりましたが、実地試験は実務経験が求められるため、どうしても入社後の取得となってしまいます。

 

そのため、中里組に限らず全国の建設会社の新入社員はみんな同じスタートラインです。

 

資格取得費用は会社で負担

 

中里組の場合、資格取得に掛る受験料などは会社で負担しています。

そのため、学生時代に自費で取得するよりもフトコロに優しい側面も。

 

専門資格の試験は意外と受験費やテキスト代が高かったりしますので、入社前に何となく取得するのであれば無理して取得する必要性は低いと思います。

 

それでも、どんな資格を取得した方がいいか知りたい人へ

 

それでも、時間があるので勉強したいという人は以下の資格にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • 建設業経理士(2級または1級)
  • 2級施工管理技士(学科のみ) (土木、造園、管など)

 

建設業経理士は、お金の流れが理解できるようになります。

 

施工管理資格も学科(マークシート方式)を勉強しておくと入社後に専門用語の理解に役立つかもしれません。

 

就活が始まってしまうとアッという間に時間は過ぎてしまいます。

 

まずは様々な企業の会社説明会に参加し、自分がしたい仕事・自分に合う会社を探してみてください♪