インターンシップ参加受付中!

建設DXの取組

現場がスタートする前から動き出す

中里組の工事は、3次元レーザー測量機を用いて現場の点群を取得をするところからスタート。

地上型3Dレーザースキャナーを自社保有しているので、工事受注後すぐに現場の情報化に向けて工事支援チームが動き出します。

3Dモデルの作成が効率的な計画を支える

3次元測量による点群の取得と並行して図面の3D化を作業を進める。

図面を3D化する事で、平面図では気づけなかった現場の課題が見えてくる。

着工前の検討会議では、参加者がモデルを見ながら施工課題や安全対策について協議を行い、効率的で安全な施工計画の立案に役立っている。

新技術も活用しながら現場を進める

自社で取得した点群データや3Dモデルを工事に活用するため、様々な新技術の導入積極的に行っている。

若手社員による技術導入の提案も積極的に行われており、チャレンジできる風土が特徴。

トップへ