遠隔臨場便利

こんにちは、中里組広報担当です。

先日、当社で施工している地盤改良工事現場を訪問してきました。

ちょうど遠隔臨場で立ち合いを実施するということで、その様子を見せてもらう事に。

思っていた以上に快適

今回は平板載荷試験や砂置換試験などの立ち合いを遠隔臨場で実施するところ。

スマートグラスやウェアラブルデバイスをヘルメットに装着して、その映像がリアルタイムで発注者のPCに移る仕組みです。

私も現地とPC画面で見せてもらう前は、半信半疑でしたが、想像している以上に、クリアな映像が映るのでビックリ(゚д゚)!

さらに初めて遠隔臨場を見た協力会社さんもビックリ(゚д゚)!

材料検査や現場と発注機関の距離がある時は、確かに便利だと思います。
電波状況にもよりますが、災害復旧等でも役立つ技術なのではないでしょうか。

担当所長も言っていましたが、ひと昔前の現場イメージとはかなり違ってきてますね♪

 

採用エントリー

 

資料作成中・・・

中里組 広報担当です。

夏のインターンシップを控えて、資料の準備作業に追われています…(´・ω・`)

資料は毎年改定しているのですが、2019年頃から当社を志望する学生の傾向に変化が見られたため、今年は一気にリニューアル予定。

先日、社長の資料チェックを受けました。

社長資料もリニューアル

説明会・ガイダンスで使用する資料のリニューアルに伴い、社長が使う資料も今年から新しくなる予定。

これまでは、社長が担当部分を気ままに説明するスタイルでしたが、今年から準備万全で学生の皆さんをお迎えします!

社内から資料をゴソゴソ探しては作成し、チェックを受け…やっと形になってきました。

 

採用エントリー

 

夏のインターンシップ予約はお早めに!

こんにちは、中里組インターンシップ受入担当です。

6月末になり、夏季インターンシップの予約が一斉に入ってきました。

既に8月の日程は予約で埋まりつつある状況ですので、参加を御検討中の方はお早めにご応募下さい。

・・・今年は凄いハイペースで予約が埋まっています(´・ω・`)

建設会社中里組のインターンシップの特徴その1:自由日程・自由時間

中里組のインターンシップは期間内であれば、参加日程が自由に選択できるのが特徴です。

・複数日参加したいけど、授業があるから参加出来ない…

・アルバイトがあるから1時間早く終わりたい…など

限られた期間の中で様々な会社を見たいけれど…という悩みは多いはず。

中里組のインターンシップは、フレキシブルに日程・時間を選択できるので悩める学生さんでも参加しやすいと思います。

建設会社中里組のインターンシップの特徴その2:体験現場も選べます

・道路工事に興味があるけれど、体験は河川工事だった…

・学校で習った○○について興味がるので実務の話を聞きたかったけど全然聞けなかった

という事が無いように、中里組では初日のミーティング時に体験現場等のリクエストを受け付けています。

全ての希望に沿えるわけではありませんが『参加して良かった』と思ってもらえるようなインターンシップを実施したいと考えていますので、参加の際は遠慮なくリクエストを伝えて下さい。

建設会社中里組のインターンシップの特徴その3:表彰実績のある先輩社員

中里組のインターンシップで訪問する現場は、埼玉県や市町村工事で過去に表彰実績のある先輩社員の現場です。

様々な工事を経験してきたエキスパートなので、皆さんの疑問にも的確にお答えできるはず。

仕事の醍醐味や大変なトコロなど、包み隠さずお話します。

インターンシップの申込み方法

インターンシップへの申込はマイナビ2023またはエントリーフォームからご応募下さい。

皆さんからのご応募、お待ちしています。

 

インターンシップに応募

 

  • 記事のタグ一覧 ▸