先輩社員紹介 | 株式会社 中里組

先輩社員の声4

大変だったこと

私の場合は背が低く、現場の職人さん達と見ている景色がだいぶ違うということが大変です。力仕事をすることはありませんが、男性の身長なら見つけられるクラックも、私の身長では見つけることが出来ない事もあります。そのため、日々工夫をしながら施工管理を行わなければいけない部分は大変でもあり、やりがいに感じる部分でもあります。

しごとの醍醐味

入社する前は私も「建設業界でやっていけるか」「職人さん達とコミュニケーションが取れるか」とても不安でした。でも、中里組は本社だけでなく現場でも女性の受け入れ体制が整っているので安心して活躍できると思います。

仕事のやりがい

現在は先輩の現場で施工管理の補助をしながら仕事を覚えている段階です。最近は先輩から徐々に仕事を任せてもらう事も増えてきて、協力会社の人達とコミュニケーションを取りながら現場の運営が出来るようになってきました。自分でも徐々に現場運営が出来る ようになってきたので、成長を実感しています。

会社の雰囲気

会社見学に訪れる前は恐い感じなのかなという印象だったのですが、入社してみると先輩社員の方々が優しく、職場の雰囲気も非常に柔らかいのが印象的です。現場でも事務所で も、分からない事があれば質問して、丁寧に教えてもらっています。

中里組を選んだ理由

入社前に何社か会社見学に行きましたが、その中で職場の雰囲気や働く人たちの雰囲気が一番しっくり来たのが中里組でした。入社後もそのイメージに変わりはありません。

これからの目標

当面の目標は 1 級土木施工管理技士資格を取る事です。将来自分が現場代理人として工事を担当する時は、しっかりとした工事をする事はもちろんですが、地域の方たちからも信頼される技術者として活躍したいと考えています。

中里組を選んだ理由

会社訪問をした際に、実際に働いている職場の先輩からお話を聞いて、地域の道路などを建設する仕事に魅力を感じました。中里組であれば、地域に密着している会社なので仕事を通じて地域貢献できると思い入社しました。

しごとの醍醐味

現在は先輩社員と一緒に施工管理の補助業務をおこなっています。工事書類の作成から発注者との打合せ、現場管理など様々な事をしなければなりませんが自分の仕事が地域に貢献出来ている事を実感できるのが醍醐味だと思います。

recruit_people_01-2

大変だったこと

現場を担当している時はとにかく時間に追われます。中里組単独で出来る事、他社と協力して工程調整しなければならない事などが同時進行していきます。そのような状況の中でも 安全第一で工期内に終わらせなければなりません。今でも自分が担当した現場はすべて記憶に残っています。

しごとの醍醐味

中里組での仕事の醍醐味は「ものをつくる」ということです。道路や橋であれば数十年残り、周辺地域に貢献できる、それを自分がやり遂げたんだという自負と達成感は他の仕事ではなかなか味わえないものではないでしょうか。

採用コンテンツ

  • 株式会社中里組 新卒採用ページ
  • 株式会社中里組 キャリア採用ページ
  • 株式会社中里組 採用に関するQ&A

いざ、埼玉一の技術者集団へ。

「川越の街に生まれ、川越の街を創ってきた」
これは私たち中里組の自信です。あなたも
私達と一緒に未来の街を創りましょう。

採用エントリー