どんな工事が多いの?どんな事しているの?

 どんな工事が多い?建設会社中里組の施工管理

こんにちは。
建設会社中里組採用担当です。

「建設会社」とで言っても、会社によっては
特定工事に強みをもっていたりするなど、意外と各社で特色があります。

そこで今回は学生の皆さんに向けて、建設会社中里組がどんな工事をおこなっているのか
その特色について御紹介します。

建設業界の工種について

平成29年11月時点では
「建設業」といっても、実は細かく以下の28業種に分類されています。

土木一式 建築一式 大工工事 左官工事
とび・土工工事 石工事 屋根工事 電気工事
管工事 タイル・レンガ工事 鋼構造物工事 鉄筋工事
舗装工事 しゅんせつ工事 板金工事 ガラス工事
塗装工事 防水工事 内装仕上工事 機械器具設置工事
熱絶縁工事 電気通信工事 造園工事 さく井工事
建具工事 水道施設工事 消防施設工事 清掃施設工事

これらすべて「建設業」

学生の皆さんにとっては馴染みがない、聞き慣れない工事もあると思います。

建設会社中里組ではこの中でも特に
「土木一式工事」や「舗装工事」「管工事」を多く受注していますが
特定工事に限定して施工をおこなっている会社ではありません。

埼玉県内で様々な建設工事に携わっています。

例えば舗装工事

 

 社会資本整備総合交付金(維持)工事(上名栗工区)

建設会社中里組は平成28年に
埼玉県が発注した舗装工事では県内№1の受注を誇っています。

最近は新卒採用会社説明会や面接時にも
「○○の近くの道路を工事しているの見た事あります」と声を掛けてもらう事も多く
もしかしたら弊社の工事看板を見かけたことがあるかもしれません。

舗装工事はミリ単位でおこなわれており(!)
工事担当所長が綿密に工事計画を練り、いかに安全に渋滞や騒音を少なくし
品質の良い工事をおこなうか、細心の注意を払っておこなわれているんです。

管工事例

 

管工事は大別すると
上下水道関係の管工事と空調や冷暖房などの設備関係の管工事に分類でき
建設会社中里組でおこなっている管工事は
平成29年度に工事表彰を受賞したような上下水道関係の管を取扱う工事です。

埋まってしまうので、完成後は人目につかなくなってしまいますが
人々の日常生活には欠かすことが出来ない重要なインフラの建設を担う重要な仕事です。

学生の皆さんが思っている以上に大きい管が埋設されている事も多く
インターンシップなどで実物を目にすると驚くと思いますよ!

土木一式工事の例

土木一式工事は学生のみなさんがイメージしている土木工事かもしれません。

例えば橋脚工事を例にとると
コンクリート部分の工事だけでなく、土木構造物全体の施工に関わるのが
「一式工事」と呼ばれるものです。

インターンシップや会社説明会では
担当所長自ら、工事の概要なども解説していますので
参加した時に疑問に思っている事を聞いてみて下さいね♪