2017夏季インターンシップ(第2期)

2017夏季インターンシップ(第2期)

こんにちは。
㈱中里組インターンシップ受入れ担当です。

2017年サマーインターンシップ(第2期)が終了しました。
研修の様子をお届けします!

第2期1日目

初日はガイダンス主体という事もあり
本社でインターンシップに関する諸連絡の後、現在施工している3現場を訪問。

各担当所長に工事の概要などを聞き
これから配属される現場のイメージを掴んでもらいました。

2日目は施設訪問

研修2日目は、地域建設会社の重要な役目でもある
『防災』について、より理解を深めてもらおうと
研修では初めての試みとなる、施設見学を実施。

私たち中里組のような地域建設会社が担っている防災機能について解説した後
施設を訪問して、さらに防災への意識を高めてもらいました。

被災状況の写真や避難所での暮らしなど
改めて考えさせられる展示も多数あったのではないでしょうか。

将来、建設業に就職する際に
少しでも今回の施設訪問で得た知識が役に立てば幸いです。

3日目

3日目は橋梁修繕&CAD講習

学校の授業と実際の建設会社の作図データで一番違うところは
データの提出にはいくつかの決まり事があることです。
特に、公共工事の場合はしっかりと規定された形式でデータを作成する必要があります。

今回はただ単にCADの操作に慣れるだけではなく、民間工事と公共工事の
データ作成の違い・ルールについて学んでもらいました。

かなり細かくデータ作成の方法が規定されているんですよ。

4日目

4日目は社内研修の一環として開催しているスキルアップ研修会に参加してもらい
測量技術のレベルアップを図ってもらいました。

Sさんの場合、測量経験も浅いということで
据付から器具の扱い方、測量方法など細かな部分もレクチャー。

指導担当者の心配とは裏腹に、意外とサクッと課題をこなしていました。
これで学校の課題も自信をもって取組めるはずです。

5日目

Sさんのインターンシップは最終日。
今日は本社敷地で光波の使い方&三角測量の実習をおこないました。

ボタンが沢山ついていて、操作に躊躇してしますが
Y次長の指導もあってSさんもスムーズに扱う事ができるようになっていました。

短い期間でしたが、様々な所長さんから色々なお話が聞きたと思います。
土木、建築どちらの進路に進むにしても
今回の研修で得た知識や経験が少しでも役に立てば幸いです。

お疲れ様でした。