『なか見!第1弾』数字で知る建設会社中里組4つの特徴

なか見!数字で知る建設会社中里組

こんにちは。
建設会社中里組の新卒採用担当です。

今回は学生の皆さんが知り難い、以下4項目について
建設会社中里組の「なか見」と題して御紹介します。

  • 男女比率
  • 職種別比率
  • 入社区分
  • 離職率

※データは2017年11月8日時点

男女比率

2017年11月時点で
建設会社中里組のパート従業員も含めた男女比率は男性88%、女性12%

建設業(建築、設備なども含めて)では
女性の就業割合が約14%前後とわれていますので
だいたい統計データと同水準の男女構成となっています。

しかし、建設会社中里組では女性に積極的に活躍してもらえる会社を目指し
「多様な働き方実践企業」の認証取得や社屋のリニューアルを経て
事務職をはじめ技術職でも女性の採用を積極的に展開中!

2017年は女性技術職が入社し、日々頑張っています。

職種別比率

職種別で見ると技術職(施工管理職)80%、事務職20%

圧倒的に技術職(施工管理職)が多く
1級土木施工管理技士や2級土木施工管理技士など
国家資格を保有する技術者が大勢活躍しているのが特徴です。

建設会社中里組では、さまざまな事態に対応するため
事務職数と技術職数の適切なバランスを保ちながら企業運営されています。

入社区分

新卒入社中途入社の割合をみると新卒入社44%、中途入社56%

過去3年で事務部門も含めて人員体制の変更がありましたので
中途入社の人数が若干増加していますが
従来はほぼ、50:50の比率で長期間推移していました。

近年は女性採用、新卒採用も積極的におこなっており
20歳~30歳代の人数が増加傾向にあるので賑やかな雰囲気が特徴です。

新卒離職率

  

圧倒的に長期に渡って勤務する人が多く、約40年間勤務している人も在籍しています。

『長期間安心して勤めることが出来る』

これが中里組の魅力の一つでもあります。