川越市の「SAITAMAおもてなしロード」もうすぐ

川越市のSAITAMAおもてなしロードもうすぐ半分完成!

測量中

現在、中里組で施工している川越市の中央通り
『SAITAMAおもてなしロード』の拡幅工事がもう少しで完了します。

この工事は2019年のラグビーワールドカップ
2020年の東京オリンピックを控え、増加する観光客の方々と
地元の方々の利便性向上を目的としています。

何より、現在の道路幅11mから

完成後は20mとほぼ2倍に!

本川越駅、蔵造の街並みからの交通の利便性が格段に良くなるはずです。

今、何してる?

中里組が担当している部分では『電線共同溝』といって
地上電線を地下に埋設する無電柱化工事をおこなっています。

「電線地中化」と聞いた事はあっても、どういう風になっているのかは
なかなか見る機会がありません。

実際の写真がこちらです。

電線地中化

管

地中に管が何本も通っているのがわかりますね。
この管の中をケーブルが通っています。

現在は、管の敷設自体は終了し
道路の復旧工事などが残っている状況です。

今回の工事は駅前通りということもあり川越市内でも有数の
人の往来の激しい場所での工事となりました。

現場担当者も地域の方とのコミュニケーションを大切にしながら
工事を進めて行く事を考え、現在まで無事故で進んでいます。

完成まではもう少し

IMG_3716

私たち中里組の工事は完成までもう少しですが
まだ、道路の反対側の工事も残っていますので
川越市の『SAITAMAおもてなしロード』が完成するまではもう少し時間が掛かります。

完成すれば、本川越駅と蔵造の街並みの景観も統一され
地元の方だけでなく、観光客の方にも馴染みやすい街になるはずです。

どうぞ、引続き工事への御理解・御協力をお願い致します。