【安全衛生研修会】保護帽が吸収する衝撃はどれくらい?

墜落、転落災害の防止と保護帽について

Fotolia_73995491_XS

昨日、私たち中里組では工事部と営業部が合同で行っている
安全衛生委員会という勉強会がありました。
毎月、テーマと発表者が決められ皆の前で発表します。

今月の安全衛生委員会のテーマは「墜落、転落災害の防止」

発表内容としては
■建設業の死亡災害の約40%は墜落、転落
■内訳は足場(20%)、屋根、屋上(19%)、窓や階段などの開口部(10%)
■年齢:55~64歳で多発

年度末に向けて、各現場が繁忙期を迎えています。
現在、中里組では高所作業を伴う現場は稼働していませんが
担当者から統計や事故事例を基に注意喚起がありました。

保護帽(ヘルメット)について

墜落、転落災害防止に関連して保護帽についても発表がありました。

ヘルメットは衝撃を吸収して頭を守るものですが
どれくらい衝撃を吸収できるかご存知でしょうか?

「規格」にさだめられた保護帽で実験した場合
未着用の時と比べて、衝撃を1/10程度まで軽減させることができるそうです!

埼玉県川越市の建設会社中里組ヘルメット 安全パトロール

保護帽の構造や衝撃吸収の仕組みなどはあまり知られていません。
私も恥ずかしながら
どういう仕組みで、どれくらいの衝撃を吸収するのか知りませんでした。

工事部の人達は毎日、着用するものです。
保護帽が「どれだけ効果的なものなのか」を知るだけでなく
「どうして正しく着用しなければいけないのか」を理解するうえでも
今回の勉強会は有意義だったと思います。

衝撃が1/10まで軽減されるとは思ってもいませんでした。