埼玉県が河川の割合№1なのを知っていますか

埼玉県が47都道府県の中で県土に占める河川の割合が日本一なのを知っていますか?
そんな川が多い埼玉だからこそ「川のまるごと再生プロジェクト」が発足したんですね。

埼玉県の建設会社中里組 堰

埼玉県の魚道整備

魚道とは

魚道(ぎょどう)は読んで字のごとく、魚の通り道です。

なぜ魚道は必要なのか

堰が無ければ、水位のコントロールが出来ずに河川が氾濫したり
田んぼなどに水を引くことが難しくなります。

しかし、大きな堰を作ると魚が自由に移動できなくなる問題も発生します。

そこで、堰の脇に魚道を設けたり
一部を緩やかな傾斜にして魚が自由に行き来できようにしているんです。

川のまるごと再生プロジェクトは、あまり一般の方には知られていませんが
従来通りの工事では解消しにくかった河川の問題点を
大きな視点で、継続的に解決するプロジェクトなんです。

11月は埼玉県のイベントで芝浦工業大学の学生が制作した立体模型が展示されました。
今後も県が主催するイベントに展示される機会があるかもしれません。
是非ご覧になってください。

終わりに

埼玉に遡上してくる魚なんているの?と思われるかもしれませんが
一部河川では実際に鮭の遡上や鮎が確認されています。

弊社の近くを流れる新河岸川も小魚が多くなったような気がします。

私たち中里組では、工事特性に応じた施工をおこなうべく
今後も社内での知識共有や勉強会を実施していきます。