インターンシップで注意するべき3ポイント

inta

埼玉県の建設会社へインターンシップを考えている大学生、高校生の皆さん
他の学生が参加するからと、何気なく応募していませんか?
本日はインターンシップへの参加に際して、考えるべきポイントを3つ御紹介します。

インターンシップのポイント1:目的の明確化

現在の建設業業界であれば、皆さんは就職できる可能性が非常に高いと思います。
従来の様に「就職するために仕方なく参加する」という事は少ないはずです。
では、あなたは何故インターンシップへ参加するのでしょうか。

  • 安心して働ける会社を見分けるため
  • 施工管理の現場を知るため
  • 会社の雰囲気を知るため

人によって様々な理由があるはずです。
もう一度、インターンへの参加目的を明確にしましょう。

インターンシップのポイント2:会社の概要把握

もしあなたが、安心して働ける会社を探しているなら
なおさら会社案内から概要について知る必要があります。
何故かというと、関連会社と一体となって事業活動をしている企業は多いのです。
実際、中里組は建設会社ですが関連会社に不動産事業を行っている会社があります。
インターンに参加しようと考えている会社の本当の全体像を把握しましょう。
就職活動の時、あなたの将来選択に役に立つかもしれません。

インターンシップのポイント3:悩んだら参加してみる

参加しようか悩んでいるのならば、参加した方がいいと思います。
学生生活はあっという間に終わりますが、社会人生活は長いです。
社風はどこも違います。
現在は単日や1年生から参加できるプログラムも増加していますので
応募を悩んでいるのなら、参加してみてはどうでしょうか。

まとめ

 最後に、建設会社のインターンシップに参加する場合の注意点をもう一度確認しましょう。

  • 目的を明確にする
  • 会社の本当の全体像を把握する
  • 悩んだら参加してみる

中里組でも通年、高校生・大学生のインターンシップを受入れています。

土木施工管理技士(建設エンジニア)を体験したい人向けのコース
事務職(広報)コース

東洋大学、東京電機大学のOBも在席していますので
弊社に興味が御座いましたらエントリーフォーム又はお電話から御連絡下さい。

2016年夏の施工管理インターンシップの様子
2016年冬の広報インターンシップの様子
2017年冬の施工管理インターンシップの様子
2017年春の施工管理インターンシップの様子