埼玉県の建設会社として防災活動に取組んでいます

本日9月1日は防災の日です。

そこで埼玉県の建設会社である中里組がどのような取組を行っているのか御紹介します。

埼玉県川越市の建設会社中里組ヘルメット

防災の日とは

1923年(大正12年)に発生した関東大震災の発生日

旧暦の二百十日(台風襲来の厄日)に該当することから昭和35年に創設されました。

東京消防庁ホームページに詳しい説明が掲載されています。

取組

中里組の主な取組みは以下の2点です。

  • 地域の災害復旧活動への参加
  • 自主訓練を行い、災害へ備える

防災協定

公共機関と防災協定を締結し

地震発生時の道路の見回りや除雪活動等に参加するだけでなく

埼玉県地域防災サポート企業としても活動しています。

訓練

地震発生時に迅速に応急復旧活動が行えるよう、私たち中里組は

関係公共機関と衛生電話を使用した定期訓練を実施しています。

避難訓練では避難経路の確認、室内に危険が潜んでいないかの確認作業を行い

災害に備えています。

終わりに

いざ、災害が発生してからでは間に合いません。

現在、私たちは防災への備えを拡充するため資材置場の整備や物資の確認を進めています。

もう一度、自身の身の回りの整理を行い災害に備えましょう。