施工現場で確認したい熱中症対応

本日は雨ですが、埼玉川越はまだまだ暑い日が続く予報となっています。
土木施工管理の現場で、熱中症が実際に起きたときの対応は大丈夫でしょうか?
対応を改めて確認してみましょう。

熱中症

施工現場で熱中症が発生したら

  • 涼しい環境への避難
  • 脱衣と冷却
  • 水分、塩分の補給
  • 医療機関へ運ぶ

どこを冷やすか

引用:環境省 熱中症環境保健マニュアル

冷やす場所は体表近くに静脈があるところが効果的と言われています。
具体的には

  • 腋の下
  • 太腿の付け根

 

中里組の対応

炎天下での作業が避けられない建設業
中里組では、社員数が増加したため
社長から改めて熱中症への注意を呼びかける旨の発言がありました。
また、弊社では実際に熱中症が発生した場合には
救急車を呼ぶ事を躊躇わない事を特に重視し土木施工管理を行っています。
まだまだ暑い日が続きますが体調管理に気を付けて過ごしましょう。