表彰を受賞した土木工事の中身【埼玉県】

前回の投稿埼玉県荒川右岸の「右岸」って…?で、土木工事において
『埼玉県県土づくり優秀建設工事施工者表彰』を受賞した事をお伝えしました。
本日はどのような工事で受賞したのか、その中身についてお伝えします。

表彰を受賞した土木工事の概要

今回の工事は「レベル2」相当の地震が発生した時
重要構造物の機能を確保するために必要な耐震補強工事でした。

・・・レベル2とは何でしょうか?

(地振動)レベルとは、耐震設計に用いられる用語で
地振動の「強さ」を表すものです。
地震道は大きく、レベル1とレベル2に分けられます。

今回の工事で想定されたレベル2とは
「現在から将来にわたって当該地点 で考えられる最大級の強さをもつ地震動」と
されていますので
相当の強さに耐えるための大規模な耐震補強工事となります。

写真で映っているのは1面だけですが、
大規模施設の配管が何本も通ってい壁面と床面にせん断補強鉄筋を打込むため
細心の注意と細かな作業が必要となる現場でした。

工事の様子

埼玉県県土づくり優秀建設工事表彰工事の内容 埼玉県県土づくり優秀建設工事表彰工事の内容

終わりに

施設が稼働している中での耐震補強工事でしたが無事故で完成することができました。

私たち中里組はこれからも品質に優れた土木構造物の施工管理を通じて
地域社会の整備・発展に貢献していきます。